入浴介護用品の選び方

キーワード検索

福祉用具プランナー
福祉用具プランナー店長
添田 優作

TCマートについて

シニアファッション

福祉用具の専門家です
選ばれる理由
お客様とのお約束
ご利用ガイド


介護用品 無料電話相談 送料について

介護用品を選ぶ

介護用品の上手な選び方 介護の基礎知識 会員無料 介護用品総合カタログ

 



エイジレスセンター

スタッフ紹介営業カレンダー店長ブログ

商品カテゴリ一覧 > 介護用品 > 介護用品の上手な選び方 > 入浴介護用品の選び方

入浴介護用品の選び方

一人入浴の場合
浴槽手すり 手すり
手すり 手すり
滑り止め
浴槽台 シャワーベンチ
浴槽台 おけスタンド
介助入浴の場合
バスボード 手すり
てすり 手すり
浴槽台
マット シャワーいす

入浴介護用品の選び方


入浴は、一日の疲れをとる楽しいひとときです。しかし、浴室では、すべったりバランスを崩しやすいため事故の多いのも事実です。毎日の入浴を楽しく便利にする入浴関連用品を紹介します。

入浴介護用品 入浴介護用品
高さ調節付のシャワーチェアが多くあります。背なしタイプ、背付タイプ、肘掛け付タイプ、座面回転タイプ、跳ね上げタイプなどがあります。選ぶポイントは背もたれやひじあての有無、座面の高さ、調整幅、座面の形や材質、脚先のすべり止めの有無などです。
浴槽中に設置する腰掛台です。また浴槽に入る際の踏み台にもなります。高さ調整できるものもありますので身体状況によって変更されるとよいでしょう。高すぎると腰湯しかできなくなりますのでご注意下さい。浴槽をまたぐときに浴槽台に足を乗せる場合は浴槽の中に1段の段差ができますので、手すり等に掴まって安定して段差の昇降ができる人が使うとよいでしょう。
入浴介護用品 入浴介護用品
浴槽の縁に挟み込んで使用する手すりです。最近のものは手すりをつけたまま浴槽の蓋ができるタイプのものが多くあります。
浴槽の縁にまたがって、座った姿勢で浴槽の出入りをするための介護用品です。浴槽の蓋のようにかぶせるタイプのものや跳ね上げタイプのものがあります。ボードが厚いと座ってまたぐときに浴槽の底に足が着かないで浮いてしまい座位が不安定になってしまうこともあります。ボードが重いと取り外しのとき介助者が苦労するので、出来るだけ軽い物のほうがよいでしょう。ボードに腰掛けてから浴槽の出入りをする際、腰掛けてから臀部を横にずらして回転をして行いますので、滑りやすさと回転のしやすさも選ぶときのポイントになります。
入浴介護用品 入浴介護用品
浴槽の中から立ち上がるとき滑らないようにするために、滑り止めマットを使うようにしましょう。吸盤タイプとそのまま置くものがあります。