介護用トイレの選び方

キーワード検索

福祉用具プランナー
福祉用具プランナー店長
添田 優作

TCマートについて

シニアファッション

福祉用具の専門家です
選ばれる理由
お客様とのお約束
ご利用ガイド


介護用品 無料電話相談 送料について

介護用品を選ぶ

介護用品の上手な選び方 介護の基礎知識 会員無料 介護用品総合カタログ

 



エイジレスセンター

スタッフ紹介営業カレンダー店長ブログ

商品カテゴリ一覧 > 介護用品 > 介護用品の上手な選び方 > 介護用トイレの選び方

介護用トイレの選び方


ポータブルトイレはお部屋の中で使用できるトイレです。ベッド横や廊下に設置でき、自立性を助けます。トイレに行くより移動が少なくなり、介護スペースが大きいことが特徴です。立ち座りを楽に行えるための工夫がされたものがあり、体格に合わせて便座の高さが調整できるもの、便座の大きさを選べるものがあります。
症状の軽い人、重い人それぞれに応じて使用できる簡易トイレです。使用する方の体格に合わせて便座の高さが変えられるもの、ベッドからの移動のために、手すりが外せるもの、症状に応じたものを選びましょう。 お手入れのことも考え選択することも重要です。
和式トイレにかがむことは、立ち座りの負担が大きく高齢者の方には大変なことです。自宅が和式トイレで要介護レベルの低い人には、洋風便座を便器にかぶせるだけで洋式トイレとして使用できます。 和式トイレの場合、便器にかぶせるだけで洋式トイレになる便座もあります。立ち座りが楽に行える用具として活用できます。トイレを改修するのも有効です。
歩くことに不安がある人、自宅のトイレに手すりを設置することで、排泄時の立ち座りが楽に行えるようになります。   工事がいらない、洋式トイレに簡単に取り付けられる「安全手すり」 もあります。 軽い症状の方には、手すりを設置し、あくまでも自分で行うことをすすめましょう。
高齢になると健常な人でも、咳やくしゃみなどで軽い失禁をおこすことがあります。外出時の不安を抱く人にお薦めしましょう。外出時は薄型で目立たないものが適しています。
まず、どうしてオムツが必要なのかを考えてください。環境を整えることで、排泄が自立することもあります。便も尿もオムツでとる必要があるのか?本人の排尿量や便の様子、交換回数(介護の状態)などを考えて、本人に負担の少ないものを選びましょう。

●ポータブルトイレの導入事例
「住み慣れた自宅トイレで排泄したい」
これは誰もが望むことですが
病状・症状・身体状況の問題

●夜間頻尿
●おしっこが近くて便所まで間に合わない
●尿意があるのにおむつを外せない
●気温変化に弱く症状の悪化が心配
●半身麻痺で移動・移乗に介助が必要

住環境の問題

●同じ階に便所がない
●便器が和式